ThinkPad X200s(7645-CTO)にWiMAX!(その2)

  • 2011/08/11(木)

こんにちは

スタッフの飯沼です。

先日、ThinkPad X200s(7645-CTO)にWiMAXを内蔵しようと試みましたが、購入した
こちらのカードですが、X200s(7645-CTO)では動作(OSの起動すら)しませんでした。

Intel Centrino Advanced-N + WiMAX 6250

Model:622ANXHMW (11N対応)
Lenovo FRU:60Y3195
Lenovoの純正品です。
Thinkpad X201で動作を確認しました。

UQ WiMAX への接続は全て確認済みです。UQWiMAXに対応し、ポータル画面への接続を確認しています。



この製品はT410sでの動作確認しました。

こちらのT410sと622ANXHMWの動作については別途報告いたします。



で、Intel WiMAX/WiFi Link 5350 FRU:43Y6533とX200sとの動作を記します。

Intel 5350


ドライバはインテルさんのサイトより、

ダウンロードの検索から、以下のキーワードを検索します。
Intel WiMAX/WiFi Link 5350

今回、X200sはWindows XP(SP3)32bitのものを使用しました。

説明書きは以下のものです。
Windows XP 32 ビット用インテル® PROSet/Wireless WiMAX 接続ユーティリティー
Microsoft Windows XP 32 ビット* OS 用ドライバーおよび管理ソフトウェア。 各種 WiMAX ネットワークに対応。


OS: Windows XP*
2010/05/21
1.5.2 32 ビット
タイプ:ソフトウェア・アプリケーション



検索結果のリンク先から下記のものがダウンロードできます。
Windows XP 32 ビット用インテル® PROSet/Wireless WiMAX 接続ユーティリティー
ファイル名:ICS_x32.exe
バージョン:1.5.2 32-Bit
サイズ: 8.7 MB


カード交換後はドライバおよびwimax管理アプリケーションが未インストール状態ですので、これを使ってインストールします。

ドライバ、ユーティリティファイル

右クリック→プロパティからドライバ署名を確認します。
ドライバ署名
問題無ければダブルクリックしインストールします。

デバイスマネージャ
マイコンピュータ→右クリック→プロパティからデバイスマネージャでアダプタの状態を確認します。

インストール後は、下記の様なアイコンが右下に表示されます。
タスクアイコン
右クリックしますと、

右クリックでwimaxを有効に
Wimaxを有効にすることが出来ます。
Intel WiMAX/WiFi Link 5350を始め、1枚のカードでWIFIとWIMAXを使うものの場合、どちらか一方しか使えません・・・
もう一枚買えば良いんですけどね。

同じタスクアイコンを右クリック→WIMAX設定を選ぶと、
WIMAX設定(切断)
あれ?電波が来てない?

UQ-WIMAXエリア(鹿屋)
鹿屋てエリアじゃ無い・・・

そうです。BeStockのショップがある鹿屋市はUQ-WIMAXさんのサービス外なので・・・


と、言うことで。
鹿児島市まで行って確認しにいってきました!
結果報告画像です。
鹿児島市、城山公園にて

鹿児島市内一望でき桜島もよく見える城山公園です。桜島をバックに計測です。
画像クリックし拡大していただかないとわかりにくいですが、5Mbps超えています。


これで街に出たときも安心ですね。
次回は、接続手続きについて記していきます。

ThinkPad X200s(7645-CTO)にWiMAX!(その1)

  • 2011/08/07(日)

こんにちは

スタッフの飯沼です。

ThinkPad X200s(7645-CTO)を普段使用しております。
外出先でもWifiが使用できる場所が増えてありがたい限りですが・・・

ちなみに、ThinkPad X200シリーズの出展状況はこちらです。

無い時は無いもので、ちょうど使いたい時にwifiが使えないと不便と感じるようになりました。以前は“wifiが街にあって便利になったものだ”と思っていたのにとうとう“つながって当たり前”などと変化してきました。
慣れとは恐ろしいものです。

そこでX200sにUQ-WiMAXさんのサービスが利用できるように改変してみようと思いました。

少し調べましたところ、下記のようなコメント付の商品を発見!

Intel Centrino Advanced-N + WiMAX 6250

Model:622ANXHMW (11N対応)
Lenovo FRU:60Y3195
Lenovoの純正品です。
Thinkpad X201で動作を確認しました。

UQ WiMAX への接続は全て確認済みです。UQWiMAXに対応し、ポータル画面への接続を確認しています。


UQ WiMAXさんのサービスで使えているという頼もしいコメント!
WiMAXが使えるというだけでは本当にUQ-WiMAXとの組み合わせで使えるのか心配でしたが、こうして記していただけますと安心して買えます。(と安直に買ってしまいました・・・)

早速注文し待つこと数日・・・・

到着

で、ようやく装着です。
毎度毎度のメーカーの保守マニュアルです。(x200s
http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/Sylphd01.nsf/jtechinfo/FILE-PUB200901/$FILE/43Y6632_03J.pdf
P82 1050 パームレストまたは指紋センサー付きパームレスト
P87 1070 PCI Express ミニ・カード (ワイヤレス LAN 用)
上記のページを確認ください。

さほど難しくはありませんが、無理してプラスチックのツメ、ラッチなど破損することもないと思いますので保守マニュアルを見ながらの作業をお勧めします。

WiMAX 6250は小さいですね。
Intel 6250とIntel 5150
元のintel Link 5150をはずします。
WiMAX 6250は元のカードの半分くらいでしょうか。

Intel 6250装着
WiMAX 6250を装着します。

Intel 6250配線
1番:グレー
2番:黒
   白(接続なし)
とつなぎます。


で、起動!

OS起動前にエラーメッセージが・・・
1802: Unauthorized network card is plugged in - Power off and remove the miniPCI network card.

あ、あれ?
起動しねぇ(泣
(BIOSも最新にしたんですが・・)

うーん。残念ながら、正規対応品の組み合わせで無いと起動させてくれません。
パーツ選定安直過ぎました。動作確認したっていうのもX201でしたし・・・
WiMAX 6250はフエ君にでも押し付けることにします。
(ちなみに、T410を始め他の機種で起動を確認しました。あとはセットアップと動作確認です。)

世間では、この辺りごにょごににょやることで対応させていらっしゃいますね(むぅ
そちらの方法も個人的には興味がありますが、今回できれば正規の組み合わせでWiMAXを使いたいので、別の製品を調べ試すことにします。

反省し調べたところ
パーツマートさん
Lenovo純正 Intel WiMAX/WiFi Link 5350 (533ANX MMW) FRU:43Y6533 - DIY http://diypartsmart.com/?pid=26631475
対応機種 Lenovo
X200, X200s, X200 Tablet
X301
T400, T500, R400, R500
W500, W700, W700ds


Intel WiMAX/WiFi Link 5350 FRU:43Y6533
X200sいけそうです。
PC再生屋さん
Lenovo/HP純正 Intel WiMAX/WiFi Link 5350 (533ANX MMW) FRU:43Y6533 sps:466238-001
http://saiseiya.com/?pid=30040319

Lenovo/HP専用の純正保守部品です。
MiniPCI Expressスロットを搭載したノートPC(Lenovo/IBM, HP)に使用できます。
Model:533ANX MMW
IBM FRU: 43Y6533  HP sps: 466238-001 0A
対応機種 Lenovo
X200, X200s, X200 Tablet
X301
T400, T500, R400, R500
W500, W700, W700ds


こちらでもx200s対応ありですね。
このFRU: 43Y6533 を購入し試して見ます。

買って既に装着したIntel 5350

次回、UQ-WiMAXさんのサービスとの手順含めWiMAXの動作について記します。

Android on Thinkpad s30

  • 2010/12/07(火)

You、ThinkPad で Android っちゃいなよ!のコーナーです。
保証などどこにも存在しませんので、At your own risk. でお願いします。

Android-x86 on ThinkPad s30

オーバービュー

大まかな手順は以下です。

  • Linux マシンと USB メモリを用意
  • ファイルをコピー
  • 起動の設定

簡単ですね♪

詳細

詳しい手順は以下の URL の「Install to hard disk」の項を参照ください。
Get Source - Android-x86 - Porting Android to x86

以上!


それではあまりにそっけないので、もう少し詳しく

まず、本家 Android は普通のパソコンでは動きません。今回使うのは本家のものを x86 系 CPU 向けに移植した Android-x86 というものです。

長くなるので、興味がおありの方は以下の続きをどうぞ。

続きを読む

Windowsフォルダを味付けるユーティリティ『 FolderMaker Free版 』

  • 2009/07/28(火)

Windowsのフォルダといえば、現実のフォルダ・ケースをイメージした外観の中が黄色く塗られたアイコンが標準仕様。

シンプルかつ味気なさが大きな特徴でもありますが、パソコンを使っていくうちに、また使えば使いこなすほどに、この黄色のフォルダが次々と新規作成され、やがてエクスプローラでドライブを開いたときに同じアイコンがずらっと並ぶ。味気ない....いいえ壮観な状況になっていきます。

その一方でファルダのアイコンが同じため、目的のファイルが保存されているフォルダを探すのがとても厄介。いちいちファイル名を見て読んで探して、ようやく目的のファイルに到達するというように手間がかかります。

なお(市場のシェアは及ばないものの)Windowsの好敵手ともいわれている Apple社の MacOS には、遥か昔からフォルダの色を変更できる機能が搭載されています。
フォルダを色分けをしておけばイメージでフォルダの絞込みができ、結果としてファイル探しがとってもスピーディことは言うまでもありません。


【Windowsでフォルダのアイコンを変更する場合】

さてフォルダの色を変える事はできないWindows ですが、アイコンのデザインは自由に変えることができます。

手順としては、

1)変更したいフォルダを選びマウスの右ボタンをクリック、
  リストの最下段「プロパティ」を選択します。



2)プロパティの「カスタマイズ」タブを選択



3)カスタマイズの「アイコンの変更」をクリック



4)Windows標準搭載のアイコン集が表示されるので、ここからお好みのアイコンを選んで「OK」をクリック。
  本例では赤丸のアイコンを選択してみます。



5)プロパティで変更したアイコンを確認したら(矢印参照)「OK」をクリック。



6)フォルダのアイコンが変更されました。




こうして、Windowsの機能でフォルダ・アイコンができはするものの、手間が掛かるうえ、デザインが異なるアイコンのオンパレードというのもうっとしかったり、さらにはUSBメモリー内のフォルダは変更できないなど制約があります。
フォルダの色を変更できれば、結局それが一番使いやすかったりして。

ということで今回は、手軽にWindowsOSのフォルダに色を付けたり、任意のアイコンできる、ちょっとクールで便利なユーティリティ『 FolderMaker Free版 』をご紹介いたします。


【 Folder Maker Free版 のダウンロード 】

FolderMaker.com ダウンロード・ページ を開き、



『Folder Maker Free』項目の Download をクリックします。



ダウンロード先を指定します。



ダウンロードした FolderMakerの実行ファイル。
今回はデスクトップ上に保存しました。





【 Folder Maker Free版 のインストール 】


実行ファイル「FolderMakerFree」をダブルクリックします。

セキュリティの警告が表示されたら「実行」をクリック。



インストール・ウィザードが起動するので、
I acceppt the agreement にチェックを入れ、nextをクリック



次も next をクリック



インストール先のフォルダにこだわりが無ければこのまま、
next をクリック



次も next をクリック。
(デスクトップ上に Folder Maker Free版のアイコンが作られます)



準備完了! install をクリックします。



イベントが表示されて、



最後に Finish! をクリックしてインストール完了。



直後にアップデートを促す雰囲気の画面が表示されるので、



Remind me again on の日付設定を15日にして、Closeをクリック。
Free版なのでUpData版=FolderMaker Pro(製品版)への移行を促すような仕様となっています。
(15日後に再びこの画面が表示されるので、その際には同様に設定し、また本製品に興味があれば製品版をお求めなられてください)



Folder Maker Free版の起動画面
・色の情報
 ここに登録した色をフォルダに設定することができます。



・メインの情報
 ここに登録したデザインをフォルダに設定することができます。



・ユーザーアイコンの情報
 ユーザーが任意に作成したフォルダを保管することができます。



※Folder Maker Pro(製品版)では、色およびメイン情報のアイコンに多数のきらびやかなバリエーションが追加され、かつリマインドの表示が出なくなるのでしょう。

ひととおり見たら exit をクリックして Folder Maker Free版 を終了させます。


【 Folder Maker Free版の使い方 】

ご紹介する例では、リムーバブルディスク内にある フォルダbestock
の色を赤に変えてみます。

色を変えたいフォルダを選び、マウスの右ボタンをクリック



表示されたリストの Mark folder ⇒ Color ⇒ Red を選びます。
※Mark Folderは Folder Maker Free版のインストールによって新たに追加された項目。




フォルダbestockが赤になりました。
というか、アイコンのスタイルもFolder Maker Free版に登録されている古典的なスタイルに変更されてしまいます。



既存のアイコンと比べると違和感があるものの、とりあえず当初の目的は達しました。
(製品版の場合もっと素的なアイコンがあったり、さまざまなカスタマイズができるのでしょうね)

Folder Maker Free版は、アイコンそのもののデザインをリアルタイムに変更することもできます。
例えば、

色の変更と同じく、フォルダを選び、マウスの右ボタンをクリック。
表示されたリストの Mark folder ⇒ WorkFile を選ぶと、



WorkFile で設定されたフォルダ・デザインに変更されます。



アイコンを元の状態に戻したいときには、
アイコンを選んでマウスの右ボタンをクリック。
表示されたリストから Mark folder ⇒ Restore Default を選べば完了。WindowsOS御用達の黄色いフォルダが復活します。



なお、変更されたアイコンの色・デザインは、Folder Maker Free版がインストールされているパソコン内でのみ有効となります。


このように、Folder Maker Free版は、フォルダ・アイコンの色を変更したり、フォルダのデザインをできるだけ手間をかけずに、かつ頻繁に変更して使いたい方にとっては重宝するソフトといえそうです。

Folder Maker Free版を提供してくださっている Folder Maker.com さんに感謝申し上げます。

※Folder Maker Free版は新たなフォルダの登録方法などの機能があるので、しばらく使ってから本件続編をリリースいたします。








ろれつが廻らなくなる前の「飲酒量診断」

  • 2009/02/17(火)

あと2週間程で卒業のシーズン。そして迎える新入学や新入社のイベント。花見の季節も重なり、お酒を飲む機会が増えてきますが、そんなときでも痛飲、鯨飲、etc..何にしても飲みすぎには要注意。

二日酔いで、翌日の仕事や大切な予定に支障を来たしたら目もあてられません。そんな事で重要な会議に出て、目がすわってろれつが廻わらず何を言っているのか分からないような状態になったとすれば、時として世界中の信頼を一挙に失うような笑い話にもなりかねません。
やはり、翌日の事を考えたお酒のたしなみ方。心がけが大切です。

では、どのように心がけるか。
自分の身体のことは自分に聞け..というのがよく言われることですが、自分自身でコントロールすると、飲酒の設定値はかなり甘い査定になるものと思われます。
そこで、飲酒量をナビゲートしてくれる健康志向のお助けソフトで、自制しながらお酒を飲むというのはいかがでしょう。
味気も興も無いと思われるかも知れませんが要は慣れ。そのうち、コスト、健康、時間の効率化、どれか一つはメリットが見つかることでしょう。
「本日のリミットは1,500mlとなります」とか初めに宣言しておけば、微妙な配慮が宴席に働くことは確かです。


《飲酒量をナビゲートしてくれるお助けソフト》

・二日酔い防止の飲酒量(タカハシシンヤさん作)

体重、飲み初めから翌日までの時間(何時間後か)、お酒の種類、そしてお酒の強さについて、の4項目に入力してから「計算」をクリックすると、飲酒量の目安が表示されます。



例えば、体重60Kgの方が8時間後に起きるつもりで、ビールを飲もうとする場合、1,500ml(およそ中ジョッキー4杯弱)以内が適量と教えてくれます。



なお「お酒の強さ」にチェックを入れると適量が5割ほど増えますが、自分に厳しい条件にしておくことをお勧めします。



あくまでも目安ではあるものの、健康ゲーム感覚で飲酒量を自覚しながらのお酒のたしなみかた...ツボにはまる人が本ブログをお読みいただいている方の中にはいるかも知れません。
それが健康の第一歩。(そうなれば)本ソフトをご紹介したかいがあるというものです。


「二日酔い防止の飲酒量」のダウンロード方法

1.ベクターのサイトからダウンロードしてください。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/home/se468880.html

2.ダウンロードしたファイルをWクリックします。
  

※本例では「二日酔い防止の飲酒量」というフォルダにダウンロードしています。

3.自己解凍により「hangorver001フォルダ」が作られます。
  その中に入っている「hangorver.exe」をWクリックすると「二日酔い防止の
  飲酒量」が起動します。
  



※楽しく興味深く健康にも寄与するソフトを作られたタカハシシンヤさんに感謝申し上げます。