X61(7673-J2J)でMetroUI(windows8の操作画面)

  • 2013/07/29(月)

スタッフの飯沼です。

さてMetro UI使ってますか?
正直、先日のTablet2以後、大して触っていないwindows8でしたが、
表題通り、MetroUIをX61で使ってみました。


下記をご覧のように、Window8はこれまでの操作画面が変わり、タッチ操作を前提とするものとなっております。
Windows 8のMetroアプリ開発をいち早く体験 - タッチを前提としたMetro UI

Windows 8.1 Pro Preview
上記でも申しておりますが、スマホっぽいです。
マウス操作よりも手を伸ばしそうです。


とうぜん、タッチ操作の端末なぞ最近のモデルのタッチ対応のものに限られます。
ThinkPad X61(7673-J2J)もタッチ対応ではありません。

ほぼあきらめでしたが、先日このようなものが届きました。
Leap Motion
年末に、予約注文しておりましたところ、ようやく届きました。

Leap motionとmetro UI
パームレストに載せた手前のUSBハブみたいなものがLeap Motionの本体です。USB1本で動作します。

さてこの簡単に言いますと、指先の動きで操作するというような仕組みです。
リンク先のmovieをご覧いただければ、Google Earthで空を自由に飛んでいるような操作が可能です。
Kinectですと電源も別途必要なのでLeap motionの方がお手軽に使えてありがたいです。

さて、論より証拠。
ThinkPad X61(Windows8.1 Preview)とLeapMotion
たどたどしい感じですがPowerPointを操作しております。


どの辺から“タッチ”と認識するか慣れが必要です。
その内、空中にレーザー・ホログラムでタッチする場所を表示させ、タッチしたエフェクトなんかも加えられるんでしょうかね。

当店のX61(7673-J2J)にWindows8.1 previewをインストールした状態に、Leap motionを接続して操作しております。
metro UIのデモもまたご覧頂こうと思います。


片手でなんとか撮影しており、指先の動きもあまりうまく映せてないです。
http://youtu.be/akhG5RY1gOU

Metro UIからブラウザを起動し、スクロール操作し、その後地図を表示させスクロール、ピンチによるズーム操作を行っています。

その後、Metro UIへ戻ってデスクトップを表示させoffice2013を起動しております。(以後、Powerpointの操作)